• ホーム
  • ルミガンにはデメリットもあり、使用にあたっては十分な注意が必要です

ルミガンにはデメリットもあり、使用にあたっては十分な注意が必要です

2020年06月13日

まつ毛を伸ばす・太くする・濃くするという効果があるルミガンは、まつ毛に悩む人が使うとメリットが多いまつ毛育毛剤として人気を集めている商品の1つです。ただし、メリットばかりではなくデメリットもあり、間違った使い方をしてしまうと目が充血する・かゆみが出る、まぶたが色素沈着を起こすといった副作用が起こるケースもあるので、その点は注意して使用する必要があります。

デメリットが全くないという訳ではないものの、このような副作用を招くような使い方をしなければ、ほとんど心配のいらない医薬品ですので事前に正しい使い方をチェックしておくと良いでしょう。不器用な人は使い始めは塗布するのが難しいと感じるかもしれませんが、毎日塗っていくことでコツが分かり、目やまぶたに育毛剤の液が入ってしまうようなことも無くなると思います。

またルミガンを使用する際に覚えておきたいポイントとして、毎日使い続ける必要があること・効果を実感できるまでには約4か月の期間がかかること、使用をストップすると徐々に元のまつ毛へと戻ってしまうことがあげられます。長さやボリューム感のあるまつ毛をキープするためには、ルミガンを使い続ける必要があるのですが、日本国内の医療機関で処方してもらった場合にかかる費用の相場は、1本につき約8000円から1万円という金額が相場です。

ルミガン1本で約1か月間使用できると言われているので、まつ毛ケアのために毎月1万円前後の美容代がかかってしまうという、金銭的な負担がデメリットと感じてしまう人もいるかもしれません。ただ、ルミガンは海外から個人輸入した場合、かなりリーズナブルな金額で購入することができるので、金銭的な負担が気になるという人は医薬品を代行して購入してくれる、個人輸入代行業者運営のインターネット通販サイトを利用してみてはいかがでしょう。

サイトによって金額は異なりますが、海外からの通販であればルミガン1本の相場は約3000円から3500円と、クリニックで処方してもらう方法の半額以下という金額で購入することができます。また、まとめ買いができるインターネット通販サイトを利用すれば、購入する本数が増えれば増えるほど1本分の金額は安くなり、1本あたりにつき3000円以下という価格で手に入れることもできるようです。継続するには費用が高いというデメリットがあったルミガンですが、個人輸入代行業者から購入することで、上手に美容代を節約することができるでしょう。

関連記事
ルミガンは通販でも購入することが出来て、多くの方に愛されています

まつ毛を増やす・伸ばす・濃くするという効果があるまつ毛育毛剤、日本国内で入手するには眼科や美容皮膚科に美容外科クリニックなどの医療機関を受診し、医師の処方箋が必要となります。ただ近くにルミガンを処方している医療機関がなかったり、クリニックを受診したけれどまつ毛育毛剤が必要と判断されず処方されなかった

2020年05月29日
つけまつ毛とマツエクの違いを知ることで、美しさが保てます

まつ毛の美容法としてつけまつ毛とマツエクという方法がありますが、この2つの特徴や得られる違いを把握することでより自分がなりたい目元を作ることができます。まぶたのカーブに沿うように作られた細いゴムやプラスチック製の軸に、人工毛を植毛してあるものがつけまつ毛で、専用の接着剤を使用してまぶたに装着しまつ毛

2020年07月03日
ルミガンは美容に良いとされていて、アンチエイジング効果が期待出来ます

年齢を重ねても若々しさをキープしたいという場合、シワやたるみにシミなど肌の老化が進まないようアンチエイジングケアを行う人が多いですが、見た目の若さを維持するためには肌だけでなく、目元のケアも必要不可欠です。10代・20代の若いころはまつげがフサフサとしていたけれど、歳をとるごとに短くなった・少なくな

2020年05月12日
まつげ育毛剤の正しい使い方を知ることで、目の若さが甦ります

まつ毛を太くする・長くする・濃くするという3つの効果を発揮するまつげ育毛剤は、過剰なまつ毛ケアや加齢などで少なくなったまつ毛をボリュームアップするために、最適なアイテムとして注目を集めています。まつ毛がボリュームアップすることによって、目元の印象は大きく変わり若返り効果もあると言われていますが、しっ

2020年04月25日
まつげ育毛剤には稀に副作用があり、使用にあたっては十分な注意が必要です

臨床試験を行い効果や効能が認められた医薬品のまつげ育毛剤は、医療機関でも処方されるなど、まつ毛をボリュームアップする効果に長けているアイテムです。まつげ育毛剤はまつげ美容液と同じ化粧品感覚で使ってしまう人も多いようですが、医薬品ということもあり副作用のリスクが伴っているので、使用する際は事前にどのよ

2020年04月15日